ホーム > コラム > コラム > コラム №72 最高の睡眠法

最高の睡眠法

日中の活動の質の良し悪しが睡眠の質を計る目安になります。

「昼間眠気が強い」 「頭がすっきりしない」 「ミスが多い」 などありませんか?。

眠っているときの体温は、深部体温は下がっています。深部体温を下げて良質の眠りを手に入れるには、入眠前に深部体温を上げ、徐々に下げることにあります。

・入眠前90分の入浴、40℃のお湯に15分入ると深部体温も0.5℃上がる             .jpg

・上がった分だけ下げようとする働きがある。皮膚温度は0.8~1.2℃上がっているので汗をかくなどして熱放散がスタートする。

・深部体温は元に戻り、さらに下がり始める。このタイミングでベッドに入っていること。

 

「忙しくて寝る90分前に入浴を済ませるなんて無理」な方には、深部体温が上がり過ぎないように、ぬるい入浴かシャワーで済ませましょう。寝る直前なら足湯が効果的。良質の睡眠を手に入れるにはこうして入眠前の体温調節に心がけましょう。

これに3分ストレッチを加えるとさらに効果あり・・・・                                                    まず初めの1分は入浴時に首筋にシャワーをかけながら首ストレッチ、次入浴後腕を使って方のストレッチ。                 最後の1分でベッドに入って上向きで足首の曲げ伸ばし呼吸法を必ず入れて試してみましょう。

illust1375.png