ホーム > コラム > コラム > コラム No.61 スポーツの秋

No.61  スポーツの秋

メタボリックシンドロームの心配はありませんか?

『特定健診』はもう受けられましたか。

結果はどうでしたか。

不安な方はさあ、運動を始めましょう!

では、あなたは何を始めますか。

若い頃にしていた、サッカー・テニス・卓球ですか。

ちょっと無理ですよね。

 

最適な運動の強さ(運動強度)は自分に出来る最も激しい運動のおよそ50%の強さです。

運動強度を正しく設定する方法として、脈拍による方法があります。

運動した時の心拍数(1分あたり)が138-(年齢÷2)になるように運動強度を調節します。

心拍数は運動後15秒間の脈拍をはかり、それを4倍し、プラス10します。

 

では次に週にどれだけするか?

「ベストは毎日30分」です。

無理な方は1日60分を週3回といわれています。

もっと大切なことは、無理せず続けることです。

でも疲れ気味や、風邪気味の時は休みましょう。

今日は寒いから、暑いからなどを理由にせずに、運動する時間帯を考えましょう。

また、運動療法に適さない激しいスポーツでも、長年続けていて、疲れが残らない程度にできるものであれば、無理に辞める必要はないでしょう。

しかし、年齢とともに筋力や心臓・肺の機能は自分で感じている以上に衰えているので、絶対に無理をしてはいけません。

 

運動はトレーニングではありません。

慣れてきても、運動が強くなりすぎないように、常に注意しながら健康管理をしましょう。

 
illust734_thumb.gif