ホーム > コラム > コラム > コラム No.64 減塩すると血圧は下がる

No.64 減塩すると血圧は下がる

減塩すると血圧が下がるのは、皆さんはよくご存知のはずです。

でも、なかなか実行できないので薬に頼っていますね。

今回は減塩のすすめで、一歩踏み出せるための応援をしたいと考えます。

生活習慣病予防のための塩分摂取量は成人男性8g未満、成人女性7g未満ですが、高血圧の人は6g未満が望ましいとされています。

そこで、毎日のご自身の塩分摂取量をテストしましょう。

 

簡易塩分摂取量テスト

Q1. 料理の味付けは

①薄味を好む  ②どちらともいえない  ③濃い味付けを好む

Q2. 1日に味噌汁、すまし汁、スープを飲む量は

①ほとんど飲まない ②1杯程度 ③2杯程度 ④3杯程度

Q3. 麺類を食べる回数は

①ほとんど食べない ②ときどき食べる  ③1日1杯は食べる

Q4.塩辛いもの(塩鮭・塩辛・うに・たらこ・佃煮など)

①ほとんど食べない  ②ふつうに食べる  ③たっぷり食べる

Q5.漬物類はよく食べますか

①ほとんど食べない  ②ふつうに食べる  ③たっぷり食べる

あなたが1日にとっている塩分目安量(g)

 

 Q1  7  10  15

 

Q2 1 2 4 6
Q3 1 2 3  
Q4 0 1 2  
Q5 0 1 2  

Q1~Q5の合計が今のあなたの塩分摂取量の目安です。

この中で日々の食生活でできることを見つけ6gを目標に努力してみましょう。

ちなみに1日12g以上となった人は塩分の取りすぎと言えます。

次は各食品の塩分含有量を知っておくと食材選びや外食時のメニュー選びの参考になります。

ところが、ここでは紹介できないほどの数がありますので

食品塩分含有量の書かれた本などがあるので、是非確認して、楽しい減塩生活をすすめて下さい。

高血圧には、減塩と運動と減量が必須となります。

減塩以外のところにもやる気スイッチを入れて下さい。