ホーム > コラム > コラム > コラム №68 梅雨のカビに眉間のシワ

梅雨のカビに眉間のシワ

間もなく「梅雨」を迎えます。ジメジメしていて、あまり好ましい季節ではない・・・と思われる方も多いでしょう。

ただ、「カビ」は違いますね。カビの発生する主な条件は、湿度80%以上、温度20~30%くらい。まさに梅雨がピッタリな季節!!・・なので、ジメジメした中、カビを発見し、つい困った顔になってしまう方も多いことでしょう。そんな困ったカビですが、困ったことばかりではありません。

ご存じの方も多いでしょうが、青カビの一種の「ペニシリン」。1928年に発見されて以降、第二次世界大戦でも、多くの戦傷兵が助けられた世界初の抗生剤です。

同じく青カビから発見された薬「スタチン」。 スタチンは、コレステロールを下げる薬として世界中で使われています。尚且、最新の研究によりアルツハイマー病などを防ぐ可能性があることも分かり、世界から注目を集めているようです。

カビも、なかなかすてたもんじゃありませんね。・・・とは言え、やはりカビ対策は必要。しっかり換気し、アルコール等で清潔にすることも大切です。生えてしまったカビには、ドラッグストア等で売られているいろいろなグッズで対応もしなければなりません。そんな時、つい寄ってしまう眉間のシワと、この「カビから薬」を思い出し、シワを1つ消してみてはいかがでしょうか?