ホーム > コラム > コラム一覧 > コラム №80 片頭痛体操

コラム №80 片頭痛体操

梅雨の時期はなんとなく毎日がジメジメして梅雨前線や、低気圧などの気圧の変化によって片頭痛がひどくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日は国際頭痛学会の理事長を歴任されてきた、坂井文彦先生の毎日2分でできる片頭痛予防体操を紹介します。

この「片頭痛予防体操」は頭と首を支えるインナーマッスルをストレッチすることで片頭痛の慢性化を防ぐことができるというものです。

     足を肩幅に開いて立つ。

     顔は正面を向いたまま、肘をまげて胸の前まで水平に持ち上げる。

     背骨を軸にリズミカルに肩を左右交互に半円ずつ回転させる。

.png

これを毎日2分間忘れずに続けてみてください。

ただし、片頭痛の最中にはやらないこと。

 体を動かすことで血行がよくなる分、血管がさらに広がって痛みがひどくなることがあるので注意が必要です。

梅雨時だけでなく、季節の変わり目や台風の時期でも片頭痛は起こりやすいといわれています。毎日の習慣にしてみてください。